乱視の治療と矯正法
乱視のことについての情報を掲載しています。

乱視や近視・遠視・老眼などの視力を回復するための治療や矯正方法を考えてみました。乱視や近視、遠視、老眼などを矯正するメガネやコンタクトは特徴に合わせての選択が重要で、レーシックなどのレーザー治療もその一つです。
乱視や近視・遠視が良くなるかと聞いて、すぐにレーシックを受けることなく、乱視や近視・遠視とはどうような状態の目であるかを知る事が大事です。
乱視の治療と矯正法 管理人より

■目の情報

乱視と視力回復の関係

乱視になると、遠くのものが分身の術を使ったようにたくさん見えるようになります。

このように、一つのものが幾つも見えてしまう症状を乱視と言いますが、この乱視どうしておこるのでしょうか?

その原因として考えられることは、大きく分けて3つあります。1つは生まれた時からの遺伝が原因と考えられる乱視。もう一つは、重度の病気などが原因と考えられる乱視。最後に近視によっておこる乱視です。


最先端の目の治療


コンタクトを寝ているときに着けることで視力が回復する「オルソケ(オルソケラトロジー)」と言われる視力回復の治療方法があります。


自分の目にあった特殊な専用コンタクトレンズを、寝る前に着用して起きたら外すことで、目の水晶体を変化させること視力を回復する方法です。


重度の近視であれば、この作業を一生繰り返す必要があるそうですが、子供なのど仮性近視であれば、最初の1ヶ月は毎日、その後は3日に1度などの作業でも視力が安定してくるそうです。


しかし、まだ保険の対象となっていない為、両眼で20万位の治療費が必要となります。


視力回復トレーニング

視力回復は、アイ・トレーニングをすることで回復することがあります。


視力低下のとして上げられる近視の問題は、約半数の人が眼球であるレンズを調整する筋肉の低下が問題です。


どうしてそのようなことが起こるのか?


それは、文明の発達がもたらした近代化が原因といっても過言ではないと考えてます。パソコンの普及、テレビゲームの人気、遠くを見る必要が少なくなってしまった環境。


これらが近視となる要因の一つです。その他にも原因となる要素はたくさんありますが、主として環境によることが原因となることの方が多いと睨んでいます。


このような時代に、2.0の視力をキープすることはとてもむずかしく、キープをするならば1.2位を目安にされると良いと思います。


視力を回復するには?

視力が一旦落ちてしまうと、眼鏡やコンタクトをしなければ視力が回復しないと思われています。


乱視などの特殊な場合では、視力の回復は難しいですが、目の運動や脳の働きによって視力が回復することがあります。特にこどもにその傾向が大きいみたいです。


今、マジカルアイなどの本を見て視力を回復しようとする働きかけをしてくれる本が大人気を読んでいます。これは、いろいろな絵と色を見ることで脳を活性化して見える能力を回復させるようなことになります。(内容はもっと複雑です)


■目についての記事

  1. 乱視の手術
  2. 乱視の治療方法
  3. 乱視とは
  4. 乱視のレーシック手術
  5. 近視と遠視
  6. 乱視の矯正のしくみ
  7. レーシックの乱視治療
  8. 乱視の特徴
  9. 乱視の状況と矯正
  10. 乱視の見分け方
  11. 乱視の矯正方法
  12. 特徴と種類
  13. 乱視と矯正
  14. 乱視とレーシック
  15. 矯正方法の種類