関節痛の悩みと治療方法

関節痛にはいろいろな症状があります。慢性関節リウマチや股関節痛、指、膝などの関節痛などです。また、膝に水がたまる原因などや風邪と関節痛や急性腰痛と慢性腰痛の違いなどを紹介してます。この情報が皆さんのお役に立てれば幸いです。

当サイトについて

関節痛に関係する情報を載せさせていただいてます。関節痛にもいろいろなことが原因で痛みを伴っているので、当サイトの情報だけでは不十分なところがありますが、参考になれば幸いです。

膝の健康を考える

今の時代、たくさん便利な物やサービスがあり、体を動かす機会が少なくなってきてます。歩くことが少なくなると足の筋肉が落ち、膝が弱くなってしまいます。

年齢を重ねることに膝は弱くなっていってしまいますので、急な運動や筋肉トレーニングは返って膝を悪くしてします恐れがありますので、ウォーキングなどからゆっくりと運動することが大事になってきます。

しかし、動きたいけど膝が痛く動くのが億劫になることがあります。これは、膝の関節にある軟骨部分が何らかの原因で機能が低下している可能性が考えられます。

膝、肘などの関節の痛みが出てきた場合は、まず病院で診断してもらい、どうして痛くなっているのかを知っておくことがとても重要です。それに合わせてサプリメントやストレッチなどを取り入れ健康な関節に戻していくことをおすすめします。

関節痛改善にはN-アセチルグルコサミン

関節痛といえば、グルコミンサンやコンドロイチンが有名です。グルコミンサンやコンドロイチンで関節痛に効果を期待するには、その成分と含有量が大事になってきます。良い成分でも含有量が少なければ効果が期待できないのです・・・

現在ではグルコミンサンが1000mg以上含まれている製品が多く出てきました。これはとてもうれしいことです。

ただ、グルコミンサンより体内への浸透率が高くなったN-アセチルグルコサミンを使われていないのが残念でしたが、今回やっと発売になってます。グルコミンサンとN-アセチルグルコサミンの違いは製造方法にあり、体内への収集率を大幅にアップしており、また天然物であることがとても重要です。

今までいろいろ試してみたが改善できなかった関節の痛みを無くしてくれるかもしれないのが、このN-アセチルグルコサミンです。

N-アセチルグルコサミンの詳しい説明はこちらから

関節痛のためのサプリメント情報

他社のサプリメントの比較はこちらから

人工関節を考える

膝や股関節などの痛みによって歩けなくなるなどの治療法として考えられているのが関節を人工関節にする治療法です。

痛みの原因は、年齢と共に軟骨がすり減って痛みが発生する変形性関節症と関節リウマチがあります。

人工関節の手術は1980年代から始まっており、現在人工関節の手術には1ヶ月前後必要とさてます。人工関節の手術には、感染症対策や人工関節の耐久性、取付け位置の角度など細かい調整や術後のリハビリがとても重要となってきます。

ある専門家医師は、「手術に伴う感染対策など病院としての安全管理システムの維持の面でも、経験豊富な施設が望ましい」と言われてました。

当サイトには掲載できませんが、2008年3月2日の読売新聞に「主な病院の人工関節治療実績」が掲載されていましたので、そちらを参考にしてください。(図書館などに行かれると見れると思います)

関節痛の悩みと治療方法項目一覧

関節病について
風邪と関節痛 急性腰痛と慢性腰痛の違い 関節痛になったら 関節病  
関節痛の種類
関節痛の種類 子供の関節痛 慢性関節リウマチ 股関節痛 腰痛  
関節痛の治療
ヒアルロン酸の治療方法 関節痛のマッサージいろいろ 関節痛の指圧 関節痛の理学療法について 関節痛の検査方法  
関節痛の薬とサプリ
植物由来のグルコサミン MSM メチル・スルフォニル・メタン N-アセチルグルコサミン 関節痛で使う湿布の種類 関節痛の薬  
関節痛の手術方法
人工関節置換手術の費用 人工関節置換手術を受ける前に 人工関節再置換手術 人工関節置換手術  
関節痛との関係
怪我と関節痛の関係 関節痛におけるサプリメントの必要性 関節痛に良いスポーツ ステッキは関節痛のパートナー 関節痛と睡眠  
変形性関節症
変形性膝関節症になりやすい脚  
コラム
サプリメントの比較 簡単な転倒予防方法  
リンク集
関節痛・病気リンク集 リンク集  
スポンサードリンク