コラーゲンでストレス・生活習慣病サイト

コラーゲンキャラクター

美肌効果があるとして知られているコラーゲンですが、効果はそれだけではありません。コラーゲンは体のさまざまなところに存在して、動脈硬化や血管が固くなるのを防いだり、関節痛にならないために軟骨として保護してくれたりとコラーゲンはいろいろな役割をもって体を助けてくれてます。ストレスや生活習慣病を予防するにはコラーゲンは必ず必要となるたんぱく質なのです。

ストレスや生活習慣病の予防や改善

肌の潤いで知られているコラーゲンですが、ストレスや生活習慣病の予防や改善にも効果を発揮してくれます。生活習慣病で知られる糖尿病 · 脳卒中 · 心臓病 · 高脂血症 · 高血圧 · 肥満などは血管の弾力性が失われて、血管が硬くなることで起こります。主な原因はコレストロールになりますが、がんばってコレストロールの低下が出来ても、血管の柔軟性を出すにはコラーゲンが必要です。

コラーゲンの摂取するためのバランスの良い食事をすることで、血管を丈夫にすることもできます。また、血栓を溶かしてくれる玉ねぎなどを食べて生活習慣病の予防しましょう。

コラーゲンを知る

コラーゲンはたくさんのアミノ酸が集まったたんぱく質の一つで体の中で作られます。10代半ばと50代になるとコラーゲンの数は半減してしまうことが知られています。これは、年齢を重ねることでコラーゲンを合成する能力の低下が原因とされています。

現在コラーゲンを摂取できるサプリメントや健康補助食品などがたくさん出てきていますので、それらを上手く利用することでコラーゲンの減少を防ぐことができます。しかし、このようなコラーゲンを直接摂取しても、たんぱく質なので胃で必ず消化され、その後コラーゲンとして合成されることを知っておくことは必要です。

最近の実験で、口から摂取したコラーゲンペプチド単位の分子だとアミノ酸に分解されずに体内に吸収されるという報告もあります。

たんぱく質キャラクター

コラーゲンの種類

少なくても19種類のコラーゲンが存在しているそうで、1型、2型と名前が付けられています。すべてのコラーゲンが重要ですが、当サイトでは1から4型を紹介します。

コラーゲン1型
皮、骨、腱などの主成分となっているコラーゲンのこと
コラーゲン2型
軟骨の主成分になっているコラーゲンのこと
コラーゲン3型
皮膚や血管などの壁のコラーゲンのこと
コラーゲン4型
1から3型とはまったく異なった構造のコラーゲン4型は、上皮と真皮の境界線をつくって、物質のやり取りの調整をしているコラーゲンになります。
このように、何種類も分けられるコラーゲンですが、一般的に言われているのは「コラーゲン1型」のことを指します。

コラーゲンプラスα

コラーゲンを合成させるには、コラーゲンの元になるアミノ酸が必要になります。このアミノ酸が一つでも欠けてしますとコラーゲンが作られません。現在はサプリメントなど健康補助食品によってコラーゲンを摂取することが可能になってきています。

しかし、サプリメントのコラーゲンのみでは体のすべてのコラーゲンを補給することは難しく、毎日の食事がとても重要になってきます。コラーゲンの合成能力の低下してしまう以外は、食事によってかなりコラーゲンを摂取でき、プラスαの食材で更に効果をアップさせることができます。

コラーゲンを作るには、ビタミンCや鉄などたくさんの栄養が必要となり、喫煙される場合は特にビタミンCが少なくなりやすいので注意が必要です。

いろいろな食材とコラーゲンを摂取することで、体の隅々からリフレッシュできるようになりますので試してみてはいかがでしょうか。


コラーゲンでストレス・生活習慣病の予防の情報

ナノコラーゲン プルオイ

生活習慣病の漢方薬

コラーゲンについて

コラーゲンの抽出

コラーゲンの効果

コラーゲンの役割

肌とコラーゲン

コラーゲン食材と摂取方法

コラーゲン製品の種類

フィード